授業で分からない点があれば、画面右下の先生の顔アイコンをクリックして質問してください!

02.情報の特性とリテラシー

02.情報社会 情報の特性とリテラシー 1.情報社会の問題解決

この授業は、高校1年生が学ぶ情報Ⅰの2回目の授業です。今回は情報の特性について学びます。情報には伝搬性、複製性、残存性という特性があり、それがトラブルの原因になることがあります。この授業で、情報リテラシーを身につけ、情報を適切に扱えるようになりましょう。

黒板

情報の特性とリテラシー

授業

情報の3つの特性

さてさて、今日は情報の特性について話すんだけど、「伝搬性」「複製性」「残存性」って言葉聞いたことある?

うーん、聞いたことないな。言葉が固すぎて、ピンときません。

そうかもしれないね。説明を聞けば、そうそう!って感じになると思うから、ちゃんと聞いてね。

はい。頑張ります。

情報の「伝搬性」とは

じゃあ、一つずつ説明するね。まず、「伝搬性」というのは、情報がすぐに広がる性質のことだよ。インターネットのおかげで、情報はあっという間に広まるよね。

そうそう。嘘やデマもすぐに広がるよね。

その通り。情報は伝えられる過程で誤解や歪みが生じることがあるんだ。だから、情報を受け取ったら、その情報の出所や信憑性を確認し、正確さを検証することが重要だよ。

情報の「複製性」とは

あぁ、なるほどね。じゃあ複製性って何?

「複製性」というのは、情報が簡単にコピーできる性質のことだよ。でもね、それがトラブルのもとになることもあるんだ。

え、トラブル?どんな感じなんですか?

たとえば、著作権がある情報を勝手にコピーして、それを広めることは違法だよ。あと、他人のプライバシーに関わる情報を拡散するのも問題だね。

情報の「残存性」とは

そうなんだ。じゃあ、残存性って何ですか?

「残存性」はね、情報が長期間残る性質のことだよ。インターネット上に情報を投稿すると、消してもどこかに残ることがあるんだ。だから、プライバシーに関する情報には特に注意が必要だね。

へー、消しても残るんだ。インターネットって怖いですね…。

情報リテラシーとは

確かに怖い面もあるけど、だからこそ情報リテラシーが大切になってくるんだよ。

先生、情報リテラシーって何ですか?

「情報リテラシー」っていうのはね、情報を上手に活用して、適切な判断ができる能力のことなんだ。これからの情報社会で生き抜くためには、この情報リテラシーが大事だよ。

なるほどね、情報の特性を理解して、情報をうまく使いこなすんだね。

その通り!情報の特性を理解し、それに対応する情報リテラシーを身につけることが大切だよ。これからの授業で、情報リテラシーを身に付ける方法についても学んでいこうね。

情報リテラシーを身につけるには?

じゃあ、情報リテラシーを身につけるためには、どんなことをすればいいんですか?

さっき、「伝搬性」のところで少しふれたけれど、まずは、情報の信頼性を見極める力が大事だよ。情報源が信頼できるかどうか、自分で判断できるようになることが大切だね。あとは、情報の適切な利用やセキュリティ対策も重要だよ。

信頼性を見極める力…。それって、どうやって身につけるんですか?

色々な方法があるけど、例えばニュースを複数のメディアからチェックしたり、情報源がどんな立場の人物か調べることが役立つよ。さらに、情報リテラシーを高めるためには、情報の取り扱いに関するルールや法律にも詳しくなる必要があるよ。

なるほどね、いろいろ勉強しないといけないんですね。

そうだね。でも、情報リテラシーは単なる知識じゃなくて、実践を通じて身につけるものだよ。日々の情報活動を通じて、情報リテラシーを向上させていくことが大切だよ。

実践が大事なんだね。じゃあ、実際に情報を使ってみながら、情報リテラシーを身につけていきたいです。

いいね!これからの授業で、情報リテラシーを身に付けるための実践的な方法も学んでいこうね。さあ、次回も楽しみにしていてね。

先生、ありがとうございます!次回の授業も楽しみにしています!

まとめ

まとめ
  • 情報の3つの特性
    情報には、伝搬性、複製性、残存性といった特性がある。
  • 情報の伝搬性
    情報の伝搬性は、情報が広く多くの人に広がることを指す。
  • 情報の複製性
    情報の複製性は、情報が自由に複数の場所で保存されることを指す。
  • 情報の残存性
    情報の残存性とは、情報が削除された後にも残存し続ける可能性があることを指す。
  • 情報リテラシー
    情報リテラシーとは、情報について正しく理解し、利用する能力のことであり、出所や信頼性を判断する能力が求められる。

名言

「いずれ必ず、誰にでも15分間だけは(一瞬かも知れないが)世界的に有名になれるときは来る」 アンディ・ウォーホル
“In the future everyone will be world-famous for 15 minutes.“  Andy Warhol

この名言は、アメリカの芸術家であるアンディ・ウォーホルによるものです。ウォーホルはポップアートの代表的な存在で、大衆文化と商業の要素を取り入れた彼の作品は、広く認識されています。

彼のこの言葉は、情報社会における名声の性質を洞察したものです。ウォーホルは、メディアが拡散する情報の量と速度が増大することで、一時的な注目や名声が一般人にも訪れる未来を予見していました。

ウォーホルの時代から見れば、現在のソーシャルメディアの普及は彼の予言の具現化と言えるでしょう。YouTubeやTikTokなどのプラットフォームでは、誰もが一夜にしてバイラルヒットを生み出し、短期間だけ世界的な名声を得ることが可能になっています。

しかし、この名言には警鐘も含まれています。15分の名声が終われば、次の有名人が現れ、我々の注意はそちらに向けられます。つまり、情報過多の社会では、名声は短命で、移り変わりが激しいということです。これは、情報を扱う際のリテラシーとして、情報の価値と持続性について考える機会を与えてくれます。

問題

「クイズをスタート」のボタンをクリックすると、5問出題します。さあチャレンジ!

情報を適切に扱う能力を何というか?
情報リテラシーを身につけるために重要なことはどれでしょうか?以下の選択肢から当てはまらないものを選んでください。
複製性によって生じる問題はどれか?
情報の特性のうち、消えずに残る性質を何というか?
情報の特性のうち、簡単に広がる性質を何というか?
02 情報の特性とリテラシー
{{maxScore}} 問中 {{userScore}} 問 正解!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

編集者より一言

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

アンディーウォーホールの「いずれ必ず、誰にでも15分間だけは(一瞬かも知れないが)世界的に有名になれるときは来る」という名言は、YoutubeやTikTokの出現を予言していたようですね。
このサイトの、「名言」の解説も、ChatGPTが解説してくれています。さすがのウォーホールも、自分の言葉をAIが解説してくれるとは思ってなかったんじゃないかなぁ。

次回は「情報社会からSociety 5.0へ」を学習します。Society 5.0って何でしょうね?お楽しみに。

タイトルとURLをコピーしました