授業で分からない点があれば、画面右下の先生の顔アイコンをクリックして質問してください(ChatGPTが即時に回答します!)

05.問題解決の手法

情報Ⅰ 情報社会の問題解決 05.問題解決 問題解決の手法 1.情報社会の問題解決

今日の授業は問題解決の手法について学ぶよ!前回は問題の定義を学んだけど、今回は実践編だ。

黒板

問題解決の手法

授業

さて、今回の課題は「クラスの雰囲気を良くする」だったね。なおや君、調べたことを発表してね。

問題の明確化

まず、問題の明確化のためにアンケート調査を実施しました。クラスメートがどんな問題を感じているかを調査し、現状と理想の差を明確にしました。

いいね、問題の明確化のステップで現状と理想の差をしっかり特定できているね。

この問題点を解決するため、目標は、「クラスメイトが互いに助け合い、楽しく過ごせる雰囲気を作ること」としました。

いいね、問題解決のゴールとして、目的を明確にできているね。

情報の収集

次に、情報の収集を行いました。他のクラスや学校で雰囲気が良いとされている例を調べて、参考にしました。

素晴らしい!情報収集のステップで関連する事例や情報を集めることができているね。

アンケートの結果から、クラスメイトはコミュニケーションが不足していると感じていることがわかりました。

情報の整理・分析

なるほど、では得られた情報をどのように整理・分析したのかな?

他校の事例では、クラスイベントやグループ活動が雰囲気改善に効果的だとわかりました。

いいね!情報の整理・分析のステップで、アンケート結果や事例をもとに問題の本質を見つけているね。

解決策の提案(アイディア出し)

それでは、解決策の提案に移ります。解決策の立案の際には、メンバーとブレーンストーミングを行いました。

ブレーンストーミングを行う上で注意した点は何かあったかな?

はい!ブレーンストーミングでは、アイデアをたくさん出すことが大事だと思ったので、まずはみんなが自由に意見を出せる環境を作りました。そして、批判や評価は後回しにして、まずはどんなアイデアでも受け入れる雰囲気を大事にしました。そのおかげで、たくさんのアイデアが出て、結果的に良い解決策が見つかったんです。

いいね。どんな解決案が上がったのかな?

いくつか上がった案から、「クラスイベントを企画してみんなで楽しむ」と、「グループ活動でコミュニケーションを促す」という2つの解決策に絞り込みました。

解決策の提案(アイディアの評価と決定)

なるほど、最終的にはどちらを選んだのかな?

「クラスイベントを企画してみんなで楽しむ」というアイデアは、クラス全体が一緒になって楽しめるメリットがありますが、準備が大変だったり参加しづらい人もいるデメリットもあります。

ふむふむ

もう一つの「グループ活動でコミュニケーションを促す」アイデアは、小さなグループで気軽に話せるメリットがあるけど、グループによっては話が盛り上がらないデメリットもあるんです。

それでどうする?

でも、この2つの解決策を組み合わせることで、みんなが楽しめるようになると思います。

なるほど、組み合わせるわけか。素晴らしい!

解決策の提案(アクションプランの作成)

具体的なアクションプランとしては、バーベキューやスポーツ大会を開催してみんなで協力して楽しむ時間を作るのと、週に1回グループで集まって話す時間を設けるという感じです。

いいね!解決策の実行のステップで、具体的なアクションプランを立てて実行しようとしているね。状況に応じて柔軟に対応することも大切だから、うまく進めてね。

解決策の実行

実は、すでに先週の週末に第一回のバーベキュー大会を、学校のそばの河原で開催しました。クラスのほとんどの生徒が参加し、大盛況でした。

計画するだけでなく、すぐに実行に移すというのはさすがだね。実行した後の評価はどうしたかな?

解決策の実行後、再度アンケート調査をして効果を測りました。学校の外で集まる事で、これまで知らなかった一面が見えてきたという声が多く上がりました。一方で、機材の準備や、買い出しなど一部の人に負担がかかってしまったことが問題としてあがりました。

効果を測る方法や振り返りの時間を設けたことで、問題解決のプロセスがさらに進化していくことができるね。このテーマに取り組んだ感想を教えてくれるかな?

評価(振り返り)

このテーマに取り組んで、問題解決の手法を実際に使ってみることで、クラス全体の問題に対処できる力が身についたと感じました。これからもこの手法を活用して、さまざまな問題に取り組んでいきたいです。

素晴らしい。解決策の実行後、効果を測る方法や振り返りの時間を設けて、問題解決のプロセスを進化させることはとても重要なことだよ。これからもこの問題解決の手法を活用して、さまざまな問題に対処できるようになろう!今回は発表お疲れさまでした。

まとめ

まとめ
  • 問題の明確化
    現状と理想の差を明確にし、問題解決の目的を設定
  • 情報の収集
    関連する情報や事例を集め、問題解決に役立てる
  • 情報の整理・分析
    収集した情報を整理し、問題の本質を見つけ出す
  • 解決策の提案
    問題に対処するアイデアを提案し、メリット・デメリットを検討する
  • 解決策の実行
    具体的なアクションプランを立てて、提案された解決策を実行する
  • 評価(振り返り)
    解決策の実行後、効果を測る方法や振り返りの時間を設けて、問題解決のプロセスを進化させる

名言

「失敗ではない。うまくいかない1万通りの方法を発見したのだ」 – トーマス・エジソン
 “I have not failed. I’ve just found 10,000 ways that won’t work.” Thomas Edison

トーマス・エジソンは、電球や蓄音機など多くの発明を通じて我々の生活を変えた19世紀末のアメリカの偉大な発明家です。彼のこの名言は、問題解決への彼のアプローチを端的に表しています。

エジソンは、通常なら失敗と見なされることを、成功への道筋の一部と捉えていました。彼の視点では、うまくいかなかった試みも価値があると見なされました。それらは彼がどの方法が効果的でないかを理解するのに役立ちました。つまり、1万通りの方法がうまくいかなかったという結果は、それ自体が貴重な知識となり、彼が成功へと向かう際のガイドとなったのです。

私たちは、エジソンのこの考え方を自分たちの問題解決の手法に取り入れることができます。つまり、失敗を避けることを恐れるのではなく、それを学びと見なし、成功への道筋を見つけるためのツールとして利用するという視点を持つことです。この視点を持つことで、皆さんは、自分たちの失敗から学び、自己改善につなげることができるでしょう。

問題

「クイズをスタート」のボタンをクリックすると、5問出題します。さあチャレンジ!

問題解決の手法のうち、最初に行うことは?
解決策の提案として適切な方法は
問題解決策の実行のステップで実施すべきことは?
ブレーンストーミングの際にやってはいけないことは?
問題解決の手法の最後のステップは?
05.問題解決の手法
{{maxScore}} 問中 {{userScore}} 問 正解!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

編集者のひとこと

今回は、なおや君が課題発表をするというスタイルに挑戦してみました。普段は完ぺきなChatGPTですが、今回はなかなか思ったような文章を作ってくれず、何度もプロンプトを書き直してやっと完成しました。試行錯誤しながら進めることも問題解決の一つでと思い、頑張りました( ;∀;)。

次回から、個人情報やセキュリティの授業になります。まずは、「個人情報とは何か?」を理解しましょう。お楽しみに。

タイトルとURLをコピーしました