授業で分からない点があれば、画面右下の先生の顔アイコンをクリックして質問してください!
3.コンピュータとプログラミング

30.モデル化

本日の授業では、「モデル化」について学びます。モデルとは、現象や事象を簡易的に表現したもので、それを作り出す行為が「モデル化」です。このモデル化を理解することで、我々は問題を解決したり、現実を予測したりする手段を得ることができます。そして、...
3.コンピュータとプログラミング

29.アルゴリズムの実装

今日は「アルゴリズムの実装」について学びます。具体的には、線形探索のアルゴリズムを例に、フローチャートからPythonのコードに落とし込む過程を学びます。これにより、アルゴリズムがどのようにプログラムとして実装されるのかを理解します。黒板授...
3.コンピュータとプログラミング

28.プログラミング言語と実装

今日の授業では、プログラミングとその主要な概念について学びます。プログラム、プログラミング言語、主なプログラミングの方法、演算、条件分岐、ループ、配列、関数について理解し、自分自身でコードを書くことができるようになることが目指すところです。
2.コミュニケーションと情報デザイン

24.プレゼンテーション

この記事では、「コミュニケーションと情報デザイン」に焦点を当て、効果的なプレゼンテーションの企画から資料作成、リハーサル、発表、評価・改善までの一連の流れを詳しく解説します。Well-being(ウェルビーイング)に関連したテーマを通じて、プレゼンテーションの秘訣を学びましょう。
3.コンピュータとプログラミング

27.アルゴリズム

今日から新たな章、プログラミングの世界に飛び込んでいきましょう。まずは、プログラミングの基礎とも言える「アルゴリズム」について理解を深めていきます。アルゴリズムの表記、基本構造、そして効率性について探求していきます。
3.コンピュータとプログラミング

26.コンピュータの基本構成(ソフトウェア)

今日の授業では、コンピュータの基本構成について、特にソフトウェアの役割とその種類について学びます。アプリケーションプログラム、オペレーティングシステム、そしてこれらがどのように連携するか、そしてソフトウェアの提供形態について、具体的な例を通して理解を深めましょう
3.コンピュータとプログラミング

25.コンピュータの基本構成(ハードウェア)

本日の授業では、コンピュータの基本構成について学びます。まずはハードウェアから見ていきましょう。コンピュータは、ハードウェアとソフトウェアから構成されています。ハードウェアの構成とは、具体的にはCPU、記憶装置(主記憶装置(メモリ)、補助記憶装置(ストレージ)、入出力装置)を意味します。そして、プログラムがどのように命令を実行するのかという仕組みを、メモリ、CPU、レジスタの関係を使って理解していきます。
2.コミュニケーションと情報デザイン

23.ユーザインタフェース

今日の授業では、ユーザインタフェースについて学びます。初期のコンピュータではCUIが用いられ、現在ではアイコンを操作するGUIが主流です。これらを理解すると共に、ユーザビリティやアクセシビリティ、そしてJIS X8341についても触れ、ユーザエクスペリエンス(UX)の向上方法について探ります。
2.コミュニケーションと情報デザイン

22.ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインの目指す公平な環境と個々の特性に対応する設計、体への負担を減らすデザインの重要性について解説します。
2.コミュニケーションと情報デザイン

21.情報デザイン

この記事では情報デザインの基本となる「抽象化」、「可視化」、「構造化」の概念を探求します。これらの理解を深め、自分の情報伝達がより効果的になるように活用する方法を学びます。
2.コミュニケーションと情報デザイン

20-1.コミュニケーションの形態

動画解説黒板授業コミュニケーションの語源コミュニケーションの語源は「communis」と「munitare」から成っているんだ。どういう意味かわかるかな?ラテン語ですか?comが頭につくと、共通のという意味のものが多いような。いいね。com...
2.コミュニケーションと情報デザイン

20.コミュニケーション手段の発展と特徴

本コンテンツでは、古代のセマホールから現代のインターネットまで、通信の進化とその特性を詳しく解説します。さらに、マスコミュニケーションの進展と出版、放送、通信と放送の融合についても触れています。
2.コミュニケーションと情報デザイン

19.動画のデジタル表現

動画のデジタル化を理解する上で必要となる、動画のフレーム、フレームレート、データ圧縮と復元について学びましょう。これらの要素がどう動画の質とデータ量に影響を与えるのかを理解することで、YouTubeやTikTokなどの動画コンテンツがどのように動作しているかを理解できます。
2.コミュニケーションと情報デザイン

18.画像のデジタル表現

この記事では、高校1年生の「情報Ⅰ」教科における画像のデジタル表現について解説します。標本化、量子化、符号化の概念を学び、解像度や画像形式についての理解を深めましょう。
2.コミュニケーションと情報デザイン

17.音のデジタル表現

今回は、音のデジタル表現について学びます。サンプリング、量子化、符号化などのプロセスを通じて、音はデジタル形式に変換され、ハイレゾサウンドの本質について理解を深めます。
タイトルとURLをコピーしました